🐾ワンちゃんに関する読み物

2022-12-31 16:26:00

だっこ散歩

抱っこ散歩

パピー&小型犬向け

抱っこ散歩に出かけよう!

 

抱っこ散歩の、経験はございますか??

 

ワクチン接種を終えていない、子犬の社会勉強に、抱っこ散歩を勧められた飼い主さんは多いのではないでしょうか??

 

では何故、子犬の時期に抱っこ散歩をして欲しいのか?!

 

それは、大切な発育(発達)時期を逃してしまわないように!

ワクチネーションが、終わったら、お外デビューと言う、ワンちゃんが多いのですが、それは

非常にもったいない!!

子犬の成長は待ってはくれず、グングン発達し、ドンドンと学習していきます。

 

順調にワンクチンの接種を行えたとしても、最後のワクチンは生後4〜5ヶ月頃になるでしょう。

それまでの間に、安全に行えるのが抱っこ散歩。

 

病原菌やウイルスを貰い受け易い、地面に触れること無く、お家の外の環境を、パピーちゃんに体感させてあげる事が出来ます。

 

外気に触れ、家の中とは違う環境音、風が起こす現象や、草木や水の匂い。人や動植物など、パピーちゃんにとっては、全て始めて見る物ばかり。

 

それらは、これからパピーちゃんが、生活する環境の一部であり、知る必要のある情報です。また、直接地面を歩く際に、緊張、興奮し過ぎ無いように事前に体感させてあげて欲しい\(^o^)/

 

 

そんなに、急いで勉強させなくても、いいんじゃない?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんので、もったいない、理由をもう一つ!!

人間と比べ、ワンちゃんの発育速度は非常に早いですよね。

お家に迎えた頃のパピーちゃん達は、既に好奇心旺盛のはず!

その好奇心は動物自身が生きるために必要な術を身につける

力の源!

好奇心から、見る!聞く!嗅ぐ!触れる!食べる!と、自身の五感を活用することを覚えます。

そして

自分に必要な情報を収集する力

その情報を処理する力

その情報が自分にどのように関係するのか?また関係しないのか?判断力へ繋がります。

更に、これから経験していく、様々な出来事への対応力へと発展していきます。

 

五感は、成長と共に発達しては行きますが、使い方を覚えるには、経験(適度な刺激)が必要です。そこに置いても、抱っこ散歩は非常に有効な方法です。

 

安心できる飼い主さんに、抱っこされ、ワンちゃんの不安は軽減されますし、飼い主さんは直接ワンちゃんに触れているので、ワンちゃんの、ドキドキ度や、呼吸、体の力の入り具合を知ることができます。

今なにか見つけたな!

怖がっていないかな?

と、いち早く感じ取ってあげられます。

もう一つのメリットは、飼い主さんに近い目線であり、ワンちゃんが何を見つけたのかを、飼い主さんが気が付き易い点です。ワンちゃんにとっても、抱っこされないと見ることの出来ない世界でもあります。

大型犬の場合、飼い主さんも、ワンちゃんもその時期にしか味わえない体験でしょう。

  

🐾ポイント1🐾

お家に迎えたばかりのワンちゃんであれば、1週間〜10日程度は、お家で健康観察を行いましょう。

元気であれば、その間にお家の中を探検させたり、先ずは自宅に慣れてもらいます。

 ðŸ”»

体調が良好であれば、抱っこをして、お家の窓から、一緒に外を眺めてみてください。

(身を乗り出したりはしない。)

 ðŸ”»

次にお外へ出ますが、最初は、お家の周りで十分です。

徐々に、お家から離れ、お散歩コースへ…少しずつ範囲や、時間を延ばしてみてください。

 ðŸ”»

公園などこれから一緒に遊びたい場所で行う事や、お水やおやつを持って出かけ、お外で飲食する経験も大切です(*^^*)

※ベンチに腰掛けるなど、ゆったりとした雰囲気で行いましょう

Uo・ェ・oU

※ワクチンの効果が不安定な期間は、他の動物との接触は避け、ワンちゃん連れのご家族に触れ合いを求められた時は(人間も含め)ワクチネーションが済んでいないことを伝え、接触を遠慮してもらいましょう。きっと、ご理解頂けると思いますよ。人や動物が多過ぎる環境は避けて行いましょう。

 

🐾ポイント2🐾

ワンちゃんが何か見つけたと察知したら、歩みを止めること。ワンちゃんはきっと観察をしたいはずです!

耳を立て音源を探しているのか?

クンクン鼻を使うのか?

キョロキョロ見渡したいのか?

そんな行動が落ち着くまで、一緒に観察してみてください。飼い主さんにも、新しい発見があるかもしれません(*^^*)

※もしも、ワンちゃんがドキドキしたり、体に力が入っている様でしたら、数歩下がってあげてください。それでも落ち着かなければ、方向を変えたり、中止して日を改めましょう。別の日に行っても、変わらない様であれば、繰り返し行わず、ご相談ください。

 

 æœ€å¾Œã«

今回の内容は、パピーちゃんを主体に致しましたが、安全に抱っこができるワンちゃんであれば、〜シニアちゃんまで行なえます。

 

トレーニングの一環として

ワンちゃん&買い主さんの気分転換として

また、身体に不自由のあるワンちゃんや、歩く自信を無くしてしまったワンちゃんにも体調を見て、短時間の抱っこ散歩を、行ってみてください。お散歩後に生き生きとした様子が、見られれば、その子の活力になる刺激がそこに有るかもしれません。逆に疲労感が残る様でしたら、無理に行わないでください。

 

これから、冬を迎えます。雪深い土地柄から他のシーズンの様には行きませんが、ワンちゃんも暖かい格好で、天気の良い日に、ちょこっと、お家の外に出てみてはいかがでしょうかU^ェ^U!

 

2022-11-20 20:18:00

健康観察

 

犬を観察する!

~健康管理偏~

 

見る・聴く・嗅ぐ・触る

ご自身の感覚を意識して、健康観察をしてみましょう!

 

飲食

あげる物の情報、状態、質感、温度、量、食べ方・飲み方

それぞれの食べ方・飲み方によって、またあげる物によって個性的なリズムが見え・聞こえてきますね。

食べ物に比べ、お水は意識するのが難しいと思います。器からの減り具合や、周りに溢れていないか、更に排泄物にも目を向けて見ましょう。

 

排泄

量や頻度、色や形状、匂い、排泄時の姿勢、前後の行動、排泄場所など。

尿であれば、濁りはないか?色が薄過ぎたり濃すぎる事が続いていないか?など

便であれば、硬過ぎたり、軟らか過ぎてはないか?異物は混ざっていないか?明る過ぎる色、黒過ぎたりしていないか?など

 

寝方

姿勢や寝息、体温、寝場所や時間など落ち着き方。

寝る前、寝起きの行動。寝ている時の格好、例えば寒くもないのに丸まって寝ていないか?鼾はかいていないか?ため息の様な深い呼吸がないか?など

 

動き方

歩き方、立ち上がり、座り方や寝転び方の速さ、姿勢や傾き、踏ん張り。

足取りは重くないか?足を引きずる様な音や、カツカツ過剰に爪が当たる音はしないか?ドスン、バタンと腰を落としていないか?滑る、躓く・打つかる事が頻回でないか?など

 

外観

体型…重さ、太さ、張り弛み、肉質(厚みや硬さ)

 

皮膚・被毛…匂い、色艶、張り、カサつき・パサつき・ベタつき、毛量・長さなど

 

目…開き具合、瞬き、眼球の色艶・潤い、涙、目ヤニ(色や質感、量)

 

耳…角度(傾き、立ち方・垂れ方)、匂い、汚れ(埃や耳垢の量、匂い、色や質感)内側・外側の色艶、温度

 

é¼»…色艶、硬さ、潤い、鼻水(量、色、質感)

 

口…匂い、涎の質感、色艶(唇、歯茎、舌、歯)、歯の数、歯のぐらつきなど

 

呼吸

呼吸音、速さ・深さ、口の開き具合、舌の状態、胸部の膨らみ方

 

体温

血色、震え、部分ごとの体感温度

耳や手足の先まで程よく温かいか

 

その他の様子

注意点

元気、表情、心拍、擦る・掻いていないか、舐めていないか、尻尾の状態(高さや振り方)、発赤や腫れ、傷やできもの、くしゃみ・逆くしゃみ、咳や噎せ、など

※ワンちゃんだけでなく、

その時、その前後の出来事や、環境にも目を向けて見ましょう。

気温や湿度、天気、風、地面、植物、虫、冷暖房器具など家電、設備の素材、環境音などなど

 

毎日一緒に過ごしていると、自然とワンちゃんの仕草や生活音、温もりや体臭まで、無意識の中感じていると思います。

見た目だけでなく、音や匂い、感触、アレ!?と思ったら注意を払いましょう。

逆に普段通りだから気が付けない、異常もあります。犬仲間との意見交換や、犬に携わっている方のお話に耳を傾けるなど、意識的に行えると良いですね(*^^*)定期的に獣医さんに診てもらうなど、第三者から観察してもらう事も、大切です。

 

トレーニングでの問診やお預かり時に、ワンちゃんの様子を伺いますが、皆さんワンちゃんを良く観察なさっているなーと思いますU^ェ^U

ご利用の際は、ワンちゃんの可愛らしい様子や特徴、改めて発見したこと等、是非お聞かせください!

楽しみにしております(*^^*)  

2022-10-20 18:23:00

クレート

クレート

(キャリーボックス等)

 

クレートとは、ワンちゃんが移動時や休憩などに一時的に利用するお家です。

主に使用する場面は、お車等 乗り物での移動時、行き先での一時待機場所として、お出かけや、動物病院、災害時など、様々(*^^*)

ご自宅でも、ワンちゃんの寝床として活用されています。

 

︙クレートに対して、良いイメージを持てない飼い主様も多くいらっしゃいます。

その理由を伺ってみると…

「可愛そう」

「ワンちゃんが嫌がる」

と言った、ご感想が大半です。 

確かに、ワンちゃんを閉じ込め、自由を奪った様に見え、辛く思われるでしょう。

そして、クレートの練習を行わず、使用してしまえば、ワンちゃんも嫌がるでしょう。

 

犬具(道具)のお話になると、必ず口走ってしまいますが、犬のための道具とは言え、ワンちゃんにとって最初はただの物でしかありません。

どんな犬具でも、ワンちゃんと飼い主様が快適に活用するには、その道具への正しい知識と、使用前の練習が必要です。

適切に練習を行うことで、ワンちゃんも飼い主様も助けてくれる、快適なアイテムに変わります

\(^o^)/

 

クレートはワンちゃんにとっての、プライベート空間!

 

休息場所であったり、避難場所であったりと、安心できる空間として、ワンちゃんが自ら入りたがる、自分のお部屋にしてあげなくてはなりません。

そうするには…ワンちゃんが安心感を感じられる、練習をしていきます。

(´â–½ï½€*)

もしも、クレートその物に対し、違和感を感じている反応を見せたり、既に不信感を持っているワンちゃんであれば、ただ置いてあるクレートに対してのイメージアップ・イメージチェンジのトレーニングから行います。

そして

出入りの練習➜

中での待機練習➜

扉を閉める練習➜

扉を閉めた待機練習➜

実践を兼ねた短時間の練習➜

その後は、活用場面を広げていきます。

日常的に活用することで、ワンちゃんも、飼い主さんも、使い慣れた状態を維持できますので、非常時への備えが一つ出来たことにもなりますね!

また練習と活用の過程で、ワンちゃん達は、自分だけの空間であり、安全な居場所であることを、覚えるでしょう。

クレートのトレーニングを行ったご家族からは、「眠くなるとクレートに入りたがる」「居ないなーと思ったらクレートにいた」「出かける準備をしているとクレートで待っている」など、ワンちゃん自らクレートを活用しているお話を聞きます(*^^*)

つい先日も、10歳を迎えたワンちゃんでしたが、クレートの前で扉を開けてと、アピールするようになったそうですUo・ェ・oU

クレート トレーニングの目的は、タクシーへの乗車てしたが、そのワンちゃんは、自分の寝床として、活用する事を覚えたようです。

飼い主様が、とても嬉しそうに、経過のご連絡を下さいました。私にとっても、嬉しいお話でしたので、一例として取り上げさせていただきましたm(_ _)m

 

クレート

トレーニング・使用時の

注意点

サイズ

大き過ぎず、小さ過ぎず!

ワンちゃんがゴロンと横になれるか見てみましょう。

 

置き場所

直射日光は当たりませんか?

風通しはいかがでしょう?

人が歩く通路であったり、過剰な物音がするような場所では、落ち着きませんので、そう言った場合は、移動しましょう。

 

扉を閉める際

時間や環境には、より注意を払いましょう。

給水や排泄など、ワンちゃんが困らないように!

 

ワンちゃんが嫌がること

ワンちゃんがクレート内に居る時に、クレートを叩いたり、過剰に覗き込んだりは、しないでください。ご自身が自分の部屋に居る時に、不快に感じる事は、ワンちゃんにもしません(*^^*)

大好きな家族であっても、頻繁にノックをされたり、声を掛けられたり、騒がしいと落ち着きませんよね?

その様にご自身がどう感じるのかを考えて、練習をして頂けると、クレートがワンちゃんにとっての快適空間になって行くと思いますよ。

 

初期のトレーニングが難しいワンちゃんも居ると思います。

出だしは肝心!

そんな時は、迷わず、お近くのトレーナーさんに相談してみてくださいね!!

 

2022-09-17 11:14:00

子犬の食事量

子犬ちゃんの

ごはんの話

この頃、痩せ気味の子犬ちゃんが、多いように感じています。

発育不良だけでなく、性格や、行動にも影響してきます。

とても、心配なので、成長期の食事量を今月のテーマにしました!

 

先ずはザックリと!

U^ェ^U

🐾身体がグングン大きく育つ頃

徐々に食事量を増やします。

ピークには、大人の犬よりも必要量は多くなります。

 

🐾目に見えた成長がストップした頃

食事量は安定してきます。

しばらくすると、食事を残す事がチラホラあるかもしれません。

「もう、そんなに要らないよ!」と言う、ワンちゃんからの合図です。

少し減らしてみてください。

 

🐾身体が十分に成長した頃

小型犬であれば、1歳のお誕生日の頃を目安に(*^^*)

子犬用フードを食べているワンちゃんであれば、少しずつ成犬用のフードへ移行します。

★体の大きな大型犬は、身体がしっかりと成熟するのに2〜3年かかります。

 

 

食事量の決め方

現在食べている量を元に

➕足したり ➖引いたり!

 

食事量は、ワンちゃんの身体を見て、触って、変えていきます。

これは、幼少期に限らず、ずーっと!

痩せたな、と思ったら増やし、太ったなと思ったら、減らしてみる。非常にシンプルですが、

飼い主さんが程よい体型を知る必要があります。

分からない時は、獣医さんや、トリマーさん、ブリーダーさんや、トレーナー、身近にいる犬の専門家に、意見を求めてみてください!

または、BCS(ボディー コンディション スコア)を参考になさってください。 

★ 食事量の、増減は極端であっては、いけません。一日の給餌量の1割程度で、〜1週間、様子を見ながら緩やかに行うことを、おすすめします。

★グングン大きくなる頃は、ほぼ足し算です!この頃の体型は、少々ぽっちゃりしていて良いと思います(^^)

 

 

食事量が合わなくなってしまう理由

お客様のお話を伺っていると…

 

成犬時の予測体重と、フードパッケージに記載されている、給餌量の目安から、食事量を計算なさっている方が多いようです。

全く、おかしい事ではありませんが、あくまでも、予測体重であることを、忘れてはいけません。

たとえ、両親が3kg程度のワンちゃんだったとしても、その子犬は理想体重5kgの成犬に育つかも知れません、逆に2kgであるかも知れません。食事が足りなければ痩せ、多過ぎれば食べ斑や消化不良などが見られる事もあるでしょう。そう言った場合は、食事量を見直す必要があります。

 

その他にも

○購入、譲渡先からのアドバイス通りにあげているのに…

引き渡し後にも相談に応じて下さる業者さんも いらっしゃいます。メールや電話相談で、直接ワンちゃんを見る・触れる事ができない状況下では、適切なアドバイスが出来ないのではないかと思います。相談する際は、直接ワンちゃんを診てもらいましょう。

 

○給餌量の目安よりも、沢山食べているのに…

健康状態に異常が無いか、獣医さんに診てもらいましょう。その際に食事の相談もしてみてください。

健康状態に異常が無いのに、太れない場合、食べ過ぎによる消化不良、またはドッグフードが合わない可能性もあります。その場合、食事量の調整や、ドッグフードの再検討をお勧めします。

 

 

成長期のワンちゃんにとって、1日の食事はとても重要、あれ??と気づいたら、早く改善してあげないといけません!!

迷わず、相談してください。

 

今回は子犬ちゃんの食事量をテーマにしましたので、ここまで。

不十分だったり、ご質問がありましたら、お気軽にお電話くださいね(*^^*)

 

2022-08-14 13:54:00

〜6月〜の湿度

元気にお過ごしでしょうか?

今月はこの時期の

湿度

について!

地域やその年によって、差はあるものの、6月~7月の蒸し暑さは、快適とは言えませんよね

((+_+))

 

ワンちゃん達にとっても、過ごし難い季節です。

では、なぜワンちゃん達にとって過ごし難いのか?!

人間との違いを考えてみましょう。

犬は汗腺が非常に、少ない!

体の冷却システムである汗、汗をかけない、ワンちゃん達の主な冷却方法は呼吸ですよね。

体内の熱を水分と共に呼吸によって排出します。舌を出し、ハァハァと呼吸をしているワンちゃんの口元に近付いてみると、ムンムンとした熱気を感じると思います。

快適な環境下であれば、熱を吐き出し、新しい空気を吸うことで、体の冷却システムは正常に働けます。

しかし、

湿度が高いと、水分が蒸散されず、体温は下がり難くなってしまいます。

体温調節ができず、身体に熱がこもれば、熱中症を引き起こします。

よって、人間よりも早い時期から、熱中症の予防を意識する必要があります。

 

 

快適な湿度は?

ワンちゃんによって異なりますが、40〜60度と言われています。

乾燥もまた、呼吸器を痛めてしまったり、腸内環境を悪化させてしまったりします💦

ワンちゃんの居る環境には、湿度も計れる気温計があると、意識し易いので、便利です(*^^*)

 

他にも、ジメジメとした季節は、雑菌やカビ(真菌)が増殖しやすく、外耳炎や皮膚炎など、皮膚のトラブルが多く見られます。

冬毛を持つダブルコートのワンちゃん達は、抜け毛の除去を!そして、身体と環境を清潔に保つ事が、ワンちゃん達へのサポートになります。

 

動物が持っている、自己免疫力が、しっかり働けるように、飼い主さんの お手伝い が必要です!

U^ェ^U

1 2